読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄色は止レマ

エッセイあるいはただの戯言

隣の芝生は青いのか、それとも己が悪いのか

ここらで一つハッキリさせておこう。働きたくねぇぇぇえええええ!!
しかしそうも言っていられないのが社会というものであり、人というものである。働かざる者食うべからず。
違う、そういう話をしたいのではない。働かなかったら食えないのは当たり前だ。そういう事が言いたいのではない。実際に働かなかった場合、どうなるのかという話だ。表題に意味は無い。

私は一時、俗にいうニートだった。
三ヶ月というあまり長くない期間のことであったが、不思議なことにその時期に自分が何をしていたのか全く覚えていない。しかし何を思っていたのかは良く覚えている。
二十歳を過ぎて親の世話になり、社会にも貢献せず、堕落をむさぼる毎日。友人は仕事や夢に邁進し、近所のコンビニの店員ですら眩しかった。つまり私は劣等感に苛まれていたのだ。
当時の出来事で一つだけ覚えていることがある。断食だ。やることも無ければお金も無いので、コスパの良い暇つぶしとしてやってみた。
普通の断食は少しずつ食べる量を減らしていくものなのだが、そのような知識を当時は持ち合わせていなかったので、とりいそぎ水以外の一切の食を断った。当然ながらこれが大変つらいのである。当時はやることが無い分、食が唯一の娯楽と化していた感もあり、尚更にきつかった。
あまりにつらいので気を紛らそうとするのだが、漫画を読んでも集中できないし、散歩に出ると疲労してしまう。そこで目を付けたのが友達の忘れていったタバコであった。
最終的に三日間断食(的な何か)をやり遂げた。その代わりに喫煙者になってしまうという意味不明な結果となったのである。その後の出費にタバコ代が加わり、いよいよもって堕落がこの身に沁みついてきたと感じていた。
その後なんやかんや一念発起し、バイト先を見つけることに成功するのだが、それはまた別のお話。

閑話休題
つまり自分の経験から言うなら、実際に働かずにいると、今度は働いていないことに苦悩することになるのだ。隣の芝生は青い。
ここで補足が必要になる。働いている時は働きたくないが、働いていない時は決して働きたいワケではないのだ。なんならこの期に及んで働きたくないとさえ思っている。しかし働かざるを得ない程に精神を圧迫されるのだ。誰に?自分に。
根本的に怠け者であるにもかかわらず、それまで培ってきた常識や社会の目(それは時に幻覚だったりする)に押し潰されそうになり、結果的に働かないと駄目なのだという気概になる。

働きたくない。
これは私の中に一貫して存在する欲求である。普遍的だとさえ言える。
しかしこの欲求が完璧に叶うことは無い。たとえ腹を満たしても、そのうちまた空腹になるように。
それでも腹は鳴るのだ。だから今は、少しだけその欲求に応えてやる。

実は今、職場で仕事を放り投げてこの文章を書いている。
そんな私をクズだと罵ってくれて構わない。事実なのだから。

それでは定時になったので上がるとする。

自分が友情を感じていたとしても、相手も同じように思っているとは限らない

ここだけの話だが、ファミレスが好きだ。
具体的にはファミレスの喧騒とドリンクバーが好きだ。本やら携帯ゲーム機やらを携えて数時間居座る。最低でも二時間、長い時は半日いる時もある。そして今もファミレスでこの文章を書いている。
よく行くのはガストで、最近美味しいメニューが増えて特に気に入っている。
ガストは自宅から自転車で十分圏内に四店舗ある。東西南北に一店舗ずつといった具合だ。
普段は南のガストへ行く。他の店舗と比較して、接客態度や清潔度が上……と言ったことは実はあまり気にしておらず、単に一番近いから利用しているだけだ。
たまに他の店舗へも行く。二番目に行くのは西の店舗。ここは二十四時間やっているのが良い。
これを他人に言うと呆れられるのだが、たまにガストをはしごする。場所を変えて気分転換を行いたいのだが、メニューは変えたくない。そういった時にチェーン店は都合が良いのだ。

結構前の話になるが、ガストのメニューに新しいスイーツが追加された。
「ストーンアイスパフェ(以下ストパ)」という、よく冷えた石の器にアイスやケーキなどが盛られ、それをスプーンで混ぜて食べるといったものだ。これが実に美味い。
大変気に入ったのでよく注文していたのだが、ある日おかしなことに気が付いた。

最初に異変に気が付いたのは西の店舗へ行った時である。
ストパにはバニラアイスが二つ盛られていたハズなのだが、メニューの写真を見るとアイスが乗っていない。
もしかして勘違いだったのか?と思いつつ頼むと、運ばれてきた“ヤツ”はどう見ても今までよりも量が少ない。念の為店員さんに確認してみても、これで問題ないと言う。
親友だと思っていた相手に急に裏切られたような、釈然としない気持ちを抱えつつ、いつもと変わらない料金を支払い、その日は店を後にした。

後日、今度は南の店舗へと行った。
するとメニューにはバニラアイスが二つ盛られた写真が載っている。実際に頼んでみると、ストパは見慣れたボリューミーな姿で私の前へと現れた。
そうだよ、俺の知ってるお前はこういうヤツだった、と強く頷きつつ、西の店舗で見せた不遜な姿はなんだったのかと考える。
店舗によるアレンジの違いなのか、一時の気の迷いだったのか、それとも私の事が嫌いになってしまったのか。

つまらない話だが、結論としてはただのABテストである。
ネットでよく使われる手法で、例えばあるサイトで二パターンのボタンを用意し、どちらがよりクリック数が上か図るものだ。
今回のケースで言えば、コストパフォーマンスと注文率の差を図ったのであろう。しばらくすると南の店舗でもストパは量が減ってしまった。
値段は変わっていないだけに馬鹿馬鹿しい気持ちになってしまい、こうして私とストパとの関係は終わった。
以来私は「ヒマラヤの雪どけわたあめプリン」というスイーツで自分を慰めることにした。

そしてついこの間、わたあめプリンはメニューからいなくなってしまった。
ストパはいまだ健在なのだが、なんとなく意地で頼めない。今はただ、ドリンクバーのコーヒーをすするのみである。その味はほんのり苦かった。

眉毛にまつわるエトセトラ

数年ぶりに眉を整えた。
最近髪型を坊主にしていて、スキンヘッドに近い短さなので、眉も少し薄くした方が見栄えが良いと思ったからだ。
まず形を整え、次に薄くカットする。
数年ぶりという事は当然ながら不慣れな作業で、汗水垂らしながら真剣に行った。

眉を整えると、一つ思い出す事がある。
学生時代、私は寮に住んでいて、同じくそこに住む一つ年上の女性に恋していた(その寮は男女共用だった)。
拙いながらもなんとかアプローチし、そこで獲得したチャンスが「女性に眉毛を整えてもらう」というもの。
その寮に談話室というものはなく、異性を部屋に招き入れるのも禁止されていたので、休日の昼間、誰もいない食堂で二人きりになった。
今から思うと、なんでデートじゃなくて眉剃りなのかと首を傾げるが、当時はかなり心弾んだものである。 眉剃りの最中に食堂のおばちゃんがやってきて「あらあら、仲良いわねえ」なんて笑顔で言われたりして、有頂天であった。

確かあの時は「モテたいなら眉を整えないといけない」などと言われ剃ったものだが、今はどうか。
自らの見栄えを気にして剃ったものの、その「見栄え」は一体何に対するものなのだろうか。
アプローチする女性もおらず、過度に身だしなみを気にするような環境にもなく、少なくとも今まで眉を整えずとも特に問題無かった。

恐る恐るながらもなんとか眉剃りに成功し、鏡に映った自分を見て、達成感よりも虚しさの方が湧いてくる。
件の女性には振られた。