黄色は止レマ

エッセイあるいはただの戯言

【感想】ゲスの極み乙女。の新作『達磨林檎』は、お洒落で、繊細で、グルーヴィーで、地味

f:id:ab591564:20170510182247j:plain

ついに出ました。皆大好き「ゲスの極み乙女。」のニューアルバム『達磨林檎』が。
本来なら昨年12月に出る予定だったけど、例の件でリリースが先延ばしになってたのだ。もうバンドが表舞台に立つことはないんじゃないかとまで考えていたので、リリースの報を聞いた時は想定外の早さにずっこけてしまった。それでも嬉しさは隠せない。

早速作品について触れていこう。
全体としては前作『両成敗』のアーティスティックな方向性を更に推し進めた内容で、トータルクオリティは明らかに上がっている反面、以前からあった玄人的な要素が顕在化してしまったなという印象を受けた。よく知ったやんちゃ坊主が落ち着いた大人になってしまったような……違うな、戦隊モノの主題歌を元気よく口ずさんでたちびっ子がいつの間にかフュージョンマニアのクソガキになってしまったような寂しさだ。
個人的な心象をマイナーなメロディーで囁くさまには最早初期のコミックバンドの風味は感じられず、冗談の様に思えたアレンジセンスは洗練されてしまっている。それの賛否についてはさておき、「キラーボール」「私以外私じゃないの」のようなキラーチューンがないのがどうにも引っかかる。

1st→2ndの時期はバンドがどの様な立ち振る舞いをするか決定していった時期で、そういった変化と決断のエネルギーがそのまま音楽の面白さに繋がっていたし、そうやって産まれていったのがこれまでのシングル/リード曲だったと思う。そんなバンドが「前作からの延長線」という一つの方向性を得たのだから、これを「落ち着いた」と感じるファンは多いんじゃないだろうか。平たく言えば地味なんだよな、このアルバム。お洒落で、繊細で、グルーヴィーで、地味。

川谷よ、売れる曲を書け。このままでは遠くない未来バンドが埋没していまいかねん。
例のスキャンダルについて責めるつもりは毛頭ないし、騒ぎ立ててるやつらの好奇心には辟易する。しかし、ゲス乙女が売れ続けることでしかお前は世間様にカウンターを入れられない。
そして俺が聴きたいのはゲス一流のあざとい楽曲なのだ。

だから川谷よ、売れる曲を書くんだ……


ゲスの極み乙女。「心地艶やかに」